医師の事務面での補佐役

学習期間や学費

学生

医療秘書とは医師の補佐役のことで、具体的には医師のスケジュール調整や各種連絡の取次、学会などで必要となる文書のチェックや整理などを行います。
医療機関での事務作業をするという点では医療事務と同じですが、医療事務の場合は受付や会計といった、患者とのやり取りがメインの仕事となります。
それに対して医療秘書は、医師に付き従って仕事をすることになります。
医師が本分を全うできるようにと雑事を代行する役なので、医療秘書には医師の立場を理解した上での高い事務スキルが求められます。
そのため医療秘書を目指す人の多くが、専門学校で学習しています。
基本的には無資格でも就職可能ですが、専門学校で必要な知識と技術とを学び、医療秘書技能検定試験に合格しておくと、就職できる可能性がアップするのです。
学習期間は専門学校によって異なっていますが、多くの場合は2年制となっています。
またかかる学費は、教材費や設備使用料などを加えて年間100万円が相場です。
ただし初年度については、専門学校によっては10〜30万円ほどの入学金の支払いが必要となります。
このようにある程度の期間と費用とがかかりますが、その分高い就職率が期待できるようになるため、医療秘書の専門学校には人気があります。
また医療事務の資格を併せて取得できる専門学校もあり、その場合は就職先の幅が広がりますし、より役立つ人材とみなされるため、採用される確率も一層高くなるのです。

資格取得と就職のため

学生

現在の医療機関では、一昔前よりも充実した治療や検査、リハビリを受けることが可能となっています。
しかし充実度が高いからこそ、医師や看護師だけではなかなか手が回りません。
そのため多くの医療機関で、それらにおける専任スタッフを雇うようになっています。
血液検査や放射線検査、視能訓練や運動療法などの各分野での専門家を、必要に応じて募集しているのです。
もちろん応募するためには、専門家と言えるだけの資格が必要となります。
たとえば臨床検査技師や診療放射線技師、視能訓練士などですが、こういった医療系資格の国家試験は、大学や専門学校で学習することで受験可能となります。
特に専門学校は、大学よりも効率良く専門的な学習ができることから人気があります。
大学の場合は、カリキュラムに専門科目だけでなく教養科目も組み込まれています。
それぞれにおいて必要単位を取得しなければ進級できないので、必然的に日々の学習時間を分配することになります。
ところが専門学校でなら、専門分野に的を絞ったカリキュラムが用意されているので、その学習に専念できるのです。
また中には、資格取得および卒業後の勤務先を、在学中に決めることができるという専門学校もあります。
正確には、特定の医療機関で働くことを約束し、その代わりにそこから奨学金を受け取って学習するという制度があるのです。
大学にもこの制度を設けているところがありますが、導入数は専門学校の方が多めです。
少ない負担で資格を取得できる上、ほぼ確実に就職できるため、それを求めて専門学校を選択する人も増えています。

特待制度で負担を減らす

学生

今や医学部受験の合格には予備校は欠かせない存在となっていますが、医学部予備校は、一般の予備校と比較すると費用がかなり高額なのが実情です。
しかし、指導方法や設備が充実しているのが医学部予備校の特徴でもあるので、数多い中から自分に適した予備校を選ぶのがポイントです。
医学部予備校の相場は入学金、授業料他を併せて200万円から500万円前後が一般的です。
高額であるため保護者の経済的負担は大きいと言わざるを得ません。
しかし、特待制度を利用すれば、かなり負担を減らすことができます。
全ての予備校で採用している訳ではありませんので、費用を重視するならこの制度を採用している予備校を選ぶことが大切です。
また、予備校によっては授業料のほかに模試代や特別講習費が必要な場合があり、予定していた費用を大幅に超えてしまうことがあります。
費用を調べるときは、別途費用が必要になるかを確認することが大切です。
医学部受験を1回でクリアすることはなかなか困難ですが、何度も受験し予備校通いが続くと経済的負担もそれだけ大きくなってしまいます。
何度も繰り返さないように、集中して勉強できるように環境から変えてしまう学生寮を保有している予備校の評判が高くなっています。
授業料の他に寮費が必要になりますが、食事付きのため健康面でも心配がありません。
また、寮費の相場は月7万円前後となっていますが、多くの受験合格者を輩出している予備校には学生寮を完備しているところが増えてきています。
合格への近道になるように、学生寮で集中して勉強することも念頭において検討しましょう。

資格の取得が重要となる

婦人

医療の道を目指す人は、大学か専門学校かと悩む人も多くいます。医療分野は資格が必要なので就職に学歴は関係ありません。就職に困る事も少なく、人の為に働く仕事なのでやりがいをもって仕事ができます。国家試験に合格する必要があるので、しっかり学べる場所なのかオープンキャンパスを利用すると良いでしょう。

もっと読む

医師の事務面での補佐役

学生

医療秘書は、医師のスケジュール調整など事務面での補佐をするスタッフです。高い事務スキルが必要となるため、医療秘書としての就職を希望している人の多くが、専門学校に通っています。専門学校の多くは2年制で、学費は年間約100万円です。通うことで医療秘書技能検定試験に合格し、就職しやすくなります。

もっと読む

ランキングサイトを参考

勉強

医学部を目指す人は予備校を利用する人も多いですが、評判を確かめてから利用するのがおすすめです。予備校にはそれぞれの学習スタイルがあり、講師の指導力も異なります。また、設備や環境の影響も多いため、生徒にとって最適な予備校がおすすめめです。

もっと読む